卒業するのに、就職が決まらなかったら…(1)

特定活動

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

前回の続きになります。

専門学校・大学・大学院等、日本の学校に通っている場合は『留学』ビザです。

日本で就職するため、在学中に就職活動をしても、必ずしも就職先が決まるとは限りません。

こればかりは、運の要素もあるでしょう。

卒業はしたけど、就職はしてない

こういった状況もあり得ます。

卒業したのに、ビザが『留学』のままではいけません。

その在留資格に基づく本来の活動を継続して3か月以上行っていない場合は、ビザ(在留資格)が取り消しになることがあるからです。

この場合、学校を卒業しているわけですから、「本来の活動」である留学生としての勉強ができません。

その勉強をしていない期間が3ヶ月を以上になると、非常にマズいことになります。

それでは、どうすればいいのでしょうか。

次回に続きます。

特定活動



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。