卒業するのに、就職が決まらなかったら…(2)

留学生

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

卒業はしたけど、就職は決まってない。

日本にいる外国人は、なにかしらのビザ(在留資格)を取得してなければなりません。

『留学』ビザは、学生としての活動をするためのビザですので、引き続き進学して学生として活動をするなら別ですが、卒業をした場合は就労系ビザや身分関係ビザに変更をする必要があります。

日本で就職をしたい

大学卒・専門学校卒の場合、在留資格特定活動に変更できる可能性があります。

大学卒・専門学校卒では、若干取り扱いが変わってきますが、概ね6ヶ月の在留期間が付与されます。

もしその6ヶ月で就職が決まらなかったら、更新をして最大1年間を付与される可能性もあります(最初の6ヶ月間は、キチンと就職活動をしていることが前提です)

特定活動に変更ができれば、日本での就職活動ができるので、日本で就職できる可能性が高まります。

次回は、特定活動変更のための要件についてです。

留学生



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。