「中長期在留者」とは?

中長期在留者

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

  1. 「3月」以下の在留期間が決定された人
  2. 「短期滞在」の在留資格が決定された人
  3. 「外交」又は「公用」の在留資格が決定された人
  4. 1から3の外国人に準じるものとして法務省令で定める人
  5. 特別永住者
  6. 在留資格を有しない人

「投資・経営」ビザで会社を起こす場合、印鑑証明書が必要になります。
(定款認証と登記の際に使用)

中長期在留者であれば、住民票・印鑑証明書が取得可能です。

以前は「短期滞在」ビザでも印鑑証明書が取れましたが、今は取ることができません。

この辺りは、お近くの申請取次行政書士にご相談ください。

中長期在留者



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。