私文書・公文書の認証手続きとは?(2)

公印確認

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

公証人による外国文認証手続き

  • 面前認証
  • 自認認証
  • 代理人認証

特に重要な面前認証です。

作成者が公証人の面前で作成した外国文に署名又は押印した場合に、公証人が署名又は押印に対して証明します。

注意する点は、署名や押印に対しての認証なので、文書の中身、つまり内容に関しての真実性を証明しているわけではないということです。

「この署名は、確かに○○さんが署名しました」と言ってるだけで、「内容が本当です」とは言ってないのです。

外国機関が誰のどのような証明が欲しいかが鍵になってきます。
「公証人の認証では足りません」となれば、次のステップに入ります。

法務局長による公印証明

公証人の所属法務局長による公印証明。

公証人の押印(公印)を証明してもらいます。

公印確認



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。