『教授』ビザ

教授

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

『教授』ビザ

【活動範囲】
本邦の大学若しくはこれに準ずる期間又は高等専門学校において研究、研究の指導又は教育をする活動。

【具体的には…】
学長、所長、校長、副学長、副校長、教頭、教授、准教授、講師、助手
これらの地位につき、研究・研究の指導又は教育をする活動。

【在留期間】
「5年、3年、1年、3月」

常勤又は非常勤に関わらず、実質的に上記の機関において研究、研究の指導又は教育をする活動に従事するか見られます。

申請人の給料も、「教授」ビザの在留資格をもって活動するに十分な額であることが重要です。

他の在留資格でも同様ですが、賃金が安すぎてもよくありません。

 

行政書士さくま事務所
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
TEL:022-398-4673 
FAX:022-796-3816

 

教授



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。