『宗教』ビザ

宗教

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

『宗教』ビザ

【活動範囲】
外国の宗教団体により本邦に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動

【具体的には…】

  • 外国の宗教団体に所属し、当該団体から本邦において布教等を行うことを目的として派遣された神官、僧侶、司祭、司教、宣教師、伝道師、牧師、神父等としての活動
  • 外国の宗教団体に所属していない宗教家であっても、当該宗教家が信奉する宗教団体から報酬を受けて派遣される場合も当てはまる。

【在留期間】
「5年、3年、1年、3月」

外国から本邦に派遣されて行う必要があり、活動内容や経歴・地位等が審査されます。

・派遣元団体欄記載の団体から派遣されること。

・勤務先欄の団体が宗教団体の施設であること及び活動内容欄の記載が宗教団体又は宗教活動又は宗教活動と密接に関連すること。

・報酬が「宗教」ビザをもって活動するのに十分な額であること。安い賃金では、安定的・継続的な宗教的活動を行うことはできません。

その他、当然ながら拠点となる宗教施設が必要です。

宗教団体であれば、神社や寺院、教会等に関わらず、人が集まり宗教活動を行うことになるので、建物が必要になるはずです。

注意する点は、宗教上の活動を行わない者、単なる信者、寺院・教会での雑務に従事する等の活動は、「宗教」ビザに該当しません。

 

行政書士さくま事務所
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
TEL:022-398-4673 
FAX:022-796-3816

 

宗教



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。