「短期滞在」ビザから、その他の在留資格への変更について

短期滞在

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「短期滞在」ビザとは、観光、商用、知人・親族訪問等で日本に入国することができるビザ(在留資格の意味でのビザ)であり、90日以内の滞在で報酬を得る活動をしない場合に限ります。

国によって、査証免除のケースもありますが、原則として在外公館(大使館・領事館)で査証(本来のビザ)を発給してもらう必要があり、こちらは外務省の管轄となります(入国管理局は法務省管轄)

「短期滞在」ビザは、報酬を得る目的で日本に滞在することは想定されていませんので、当然に就労することはできません。

査証(ビザ)申請の際にも、滞在予定表を添付することになっているので、おおよその行動範囲と連絡先は把握されていることになりますし、万が一当局に見つかった場合は、それ相応の処遇を受けることになります。

ここでひとつ疑問が湧いてくることがあるかもしれません。

「短期滞在ビザで入国して、そのまま日本で働くビザに切り替えることができるのでは?」

本来、就労ビザを含む中長期在留者に関しては、厳密な審査が待っています。

呼び寄せる側も審査の対象になりますし、事業の継続性・安定性のみならず、当該外国人の必要性も証明しなければなりません。

簡単に(?)日本に入国して、簡単に(?)就労ビザに資格変更ができたのでは、制度上不都合が生じてしまうでしょう。

入管法20条(在留資格変更)
第3項
前項の申請があつた場合には、法務大臣は、当該外国人が提出した文書により在留資格の変更を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、これを許可することができる。ただし、短期滞在の在留資格をもつて在留する者の申請については、やむを得ない特別の事情に基づくものでなければ許可しないものとする。

「やむを得ない特別の事情」とは、一体何なのでしょう。

入管も納得させることができるような相当の理由ではないかと、容易に想像がつきます。

従って、短期滞在ビザからの資格変更は、原則としてできないものと考えられます。
(ケースバイケースですので、迷う場合はご相談ください)

行政書士のさくまさん
ただし、
短期滞在で在留中に在留資格認定証明書が交付された場合は、
その認定証明書を添えて在留資格変更許可申請ができるよ。

短期滞在



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。