短期滞在ビザの書類作成

短期滞在

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

査証免除国を除いて、日本に短期滞在で入国するためには在外公館でビザ(査証)の申請をしなければなりません。

日本に在留している外国人で、中国人の方が多いのは統計上からもよくわかりますが、中国からの短期滞在ビザではお金の要件をクリアできなければ難しいのが現状です。

だいぶ、緩和されてきてるようで、テレビでも観光で来日した中国人の方々が、電気屋さんでたくさん買い物をしている光景を普通になってきたようにも感じられます。

中国の方の場合…

親族を日本に呼び寄せる手続きをしたい場合、『親族・知人訪問』での短期滞在ビザを申請することがあります。

例えば、日本に嫁いだ外国人の方が「両親を呼び寄せて親孝行をしたい」といった形です。

ここでは、招へい人側(日本に嫁いだ娘)と査証申請人側(本国の両親)の2つに分かれます。

招へい人側で整える書類は?

  • 招へい理由書
  • 滞在予定表
  • 住民票
  • 在職証明書(法人登記簿謄本、営業許可証、確定申告書の写し等)
  • 有効な在留カードの写し(外国人の方のみ)
  • 渡航目的を裏付ける資料

身元保証人が整える書類は?

  • 身元保証書
  • 住民票
  • 在職証明書(法人登記簿謄本、営業許可証、確定申告書の写し等)
  • 直近の総所得が記載された「課税証明書」(市区町村発行)又は「納税証明書(様式その2)」(税務署発行)若しくは「確定申告書控えの写し(税務署受理印のあるもの)」のうち、いずれか1点
  • 有効な在留カードの写し(外国人の方のみ)

申請人が中国側で整える書類は?

  • ビザ(査証)申請書
  • 写真(6ヶ月以内に撮影したもの)
  • パスポート
  • 戸口簿写し
  • 居住証又は居住証明書
  • 在日親族又は知人との関係を証する書類(例:親族→親族関係公証書、知人→写真・手紙等)

整ったら…

日本側の書類が整ったら、中国の申請人に送付。
ビザ申請人(両親)は、原則として申請先の日本大使館又は総領事館が指定している「代理申請機関」で、ビザ申請をすることになります。

注意する点は、ビザ申請が不発給となった場合、同一理由での申請は原則6ヶ月できないことです。
加えて、不発給の理由は開示されないので、その点も踏まえて申請するようにしましょう。

当事務所では、短期滞在ビザに必要な書類の作成も承ります。
お気軽にご相談ください。

短期滞在



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。