CATEGORY 公印確認・アポスティーユ

私文書・公文書の認証手続き

公印確認・アポスティーユ

日本の私文書・公文書は、そのまま外国に送っても有効かと言えば、応えは「NO」でしょう。ほとんどの国では、日本での認証手続を必要とします。翻って、外国発行で日本の役所に提出する場合は、翻訳文の添付で良かったりします。外国機関からの求めに応じてなので、どの程度の認証が必要なのかは、ケース・バイ・ケースになります。

私文書・公文書の認証手続きとは?(まとめ)

私文書・公文書の認証

戸籍謄本等(公文書)を認証する場合 公的機関→外務省 戸籍謄本等の翻訳文を認証する場合 公的機関→公証役場→法務局→外務省 在職証明書等(私文書)を認証する場合 公証役場→法務局→外務省 先に相手国の機関が、どの認証を求…

私文書・公文書の認証手続きとは?(3)

公印確認

外務省による証明 証明できる書類は、公的機関が発行した書類や法務局長による公印証明を経た文書になります。 具体的には、(2)で法務局長に公印証明を受けた文書や戸籍謄本など。 私文書の証明はできません。 公的機関が発行した…

私文書・公文書の認証手続きとは?(2)

公印確認

公証人による外国文認証手続き 面前認証 自認認証 代理人認証 特に重要な面前認証です。 作成者が公証人の面前で作成した外国文に署名又は押印した場合に、公証人が署名又は押印に対して証明します。 注意する点は、署名や押印に対…

私文書・公文書の認証手続きとは?(1)

公印確認・アポスティーユ

日本の私文書・公文書は、そのまま外国に送っても有効かと言えば、応えは「NO」でしょう。 ほとんどの国では、日本での認証手続を必要とします。 翻って、外国発行で日本の役所に提出する場合は、翻訳文の添付で良かったりします。 …