『芸術』ビザ

芸術

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

『芸術』ビザ

【活動範囲】
収入を伴う音楽、美術、文学その他の芸術上の活動(二の表の興行の項の下欄に掲げる活動を除く。)

【具体的には…】

  • 創作活動を行う作曲家、作詞家、画家、彫刻家、工芸家、著述家、写真家等の芸術家
  • 音楽、美術、文学、写真、演劇、舞踏、映画その他の芸術上の活動について指導を行う者

【在留期間】
「5年、3年、1年、3月」

活動内容や経歴、実績等が審査されます。

申請人の報酬も、「芸術」ビザの在留資格をもって活動するに十分な額であることが重要であり、芸術上の活動のみにより、安定した生活を営むことができるかがポイントになります。

ケースによっては、「興行」ビザに該当する可能性もありますので、活動内容の中身をよく精査することが必要です(報酬を伴わない場合は、「文化活動」ビザになります)

行政書士さくま事務所
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
TEL:022-398-4673 
FAX:022-796-3816

 

芸術



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。