在留資格「特定活動」への変更 ~詳細~

留学生

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

専門学校・大学・大学院等、日本の学校に通っている場合は『留学』ビザです。

日本で就職するため、在学中に就職活動をしても、必ずしも就職先が決まるとは限りません。

こればかりは、運の要素もあるでしょう。

卒業はしたけど、就職はしてない

こういった状況もあり得ます。

卒業したのに、ビザが『留学』のままではいけません。

その在留資格に基づく本来の活動を継続して3か月以上行っていない場合は、ビザ(在留資格)が取り消しになることがあるからです。

この場合、学校を卒業しているわけですから、「本来の活動」である留学生としての勉強ができません。

その勉強をしていない期間が3ヶ月を以上になると、非常にマズいことになります。

それでは、どうすればいいのでしょうか。

卒業はしたけど、就職は決まってない。

日本にいる外国人は、なにかしらのビザ(在留資格)を取得してなければなりません。

『留学』ビザは、学生としての活動をするためのビザですので、引き続き進学して学生として活動をするなら別ですが、卒業をした場合は就労系ビザや身分関係ビザに変更をする必要があります。

日本で就職をしたい

大学卒・専門学校卒の場合、在留資格特定活動に変更できる可能性があります。

大学卒・専門学校卒では、若干取り扱いが変わってきますが、概ね6ヶ月の在留期間が付与されます。

もしその6ヶ月で就職が決まらなかったら、更新をして最大1年間を付与される可能性もあります(最初の6ヶ月間は、キチンと就職活動をしていることが前提です)

特定活動に変更ができれば、引き続き就職活動ができるので、日本で就職できる可能性が高まります。

在留資格『特定活動』変更のための要件とは

1)大学等卒業者

【要件】
在留資格『留学』をもって在留する本邦の学校教育法上の大学(短期大学及び大学院を含む)を卒業した外国人(※)であって、かつ、卒業前から引き続き行っている就職活動を希望することを目的として本邦への在留を希望する者。
※別科生、聴講生、科目等履修生及び研究生は含みません。

【立証資料】
  • 在学中の一切の経費の支弁能力を証する文書、当該外国人以外の者が経費を支弁する場合には、その者の支弁能力を証する文書及びその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書
  • 直前まで在籍していた大学の卒業(又は修了)証書又は卒業(又は修了)証明書
  • 直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状
  • 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料

2)専修学校卒業者

【要件】
在留資格『留学』をもって在留する本邦の学校教育法上の専修学校専門課程において、専門士の称号を取得し、同課程を卒業した外国人であって、かつ、継続就職活動をすることを目的として本邦への在留を希望する者のうち、当該専門課程における習得内容が『技術』または『人文知識・国際業務』等の就労に係るいずれかの在留資格に該当する活動と関連があると認められる者。

【立証資料】
  • 在学中の一切の経費の支弁能力を証する文書、当該外国人以外の者が経費を支弁するバアには、その者の支弁能力を証する文書及びその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書
  • 直前まで在籍していた専修学校の発行する専門士の称号を有することの証明書
  • 直前まで在籍していた専修学校の卒業証書又は卒業証明書及び成績証明書
  • 直前まで在籍していた専修学校による継続就職活動についての推薦状
  • 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料
  • 専門課程における修得内容の詳細を明らかにする資料

ポイント

大学等卒業者と専門学校卒業者では、揃える資料に違いがあります。

専修学校卒業者の方が、要件・立証資料の面で若干厳しいのがわかるかと思います。

専門士の称号を取得していなければなりませんし、成績証明書も添付する点を考えると、学校に行かなくて出席率悪い・成績に対する評価が良くない…などは、マイナスに作用してしまう可能性があります。

万が一、就職が決まらず、在留資格特定活動に変更の可能性があることを考えれば、キチンと所定の単位を取り、良い成績を残す必要があるのではないかと考えます。

行政書士のさくまさん
学校によっては、成績が悪いと推薦状を出してくれないところもあるみたいよ。
行政書士補助者の安斎さん
まじですか。
ないとヤバい?
行政書士のさくまさん
ヤバいっていうか、
添付書類だから(汗)

『特定活動』のまとめ

就職活動及び当該活動に伴う日常的な活動
(収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を除く)
在留期間は、原則として「6ヶ月」
資格外活動等在留状況に問題のない場合は、1回の更新を認められる可能性あり
資格外活動も可

行政書士補助者の安斎さん
留学生が卒業したら、留学生じゃないよね。
行政書士のさくまさん
まぁ、そういうことになるわな。
行政書士補助者の安斎さん
ってことは、
在留資格該当性がないってことよね?
行政書士のさくまさん
難しい言い回しをしてきたな(笑)
行政書士補助者の安斎さん
該当する活動を3ヶ月以上しないと、在留資格の取消事由になっちゃうんだったよね?
行政書士のさくまさん
必ずしも取り消されるかはわからないけど、状況的には良くない。
行政書士補助者の安斎さん
んじゃ、
その「特定活動」に資格変更をする必要があるわけね。
行政書士のさくまさん
そうそう。
適法に在留するために、資格変更をしなきゃならんね。
行政書士補助者の安斎さん
学校からの推薦状の他に大事なモノって、
なんかある?
行政書士のさくまさん
当面の生活費を証明できるモノとかかな。
預金通帳の写しとかね。
行政書士補助者の安斎さん
お金がない場合は?
行政書士のさくまさん
母国から送金してもらうとか、
就職活動はもちろん生活に困らないことを立証することが大事よね。
行政書士補助者の安斎さん
そうなんだぁ。
行政書士のさくまさん
在留資格「特定活動」は資格外活動許可を取れば、アルバイトもできるよ。
資格変更と一緒に資格外活動許可申請もすればいい。
行政書士補助者の安斎さん
さくま事務所でもやってくれんの?
行政書士のさくまさん
資格外活動許可申請はサービスでやってます。
さすがでしょ!
行政書士補助者の安斎さん
調子に乗ってるな、コイツ!

留学生



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。