『技術・人文知識・国際業務』ビザ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

技術・人文知識・国際業務」ビザとは、IT系・貿易業務・通訳者・翻訳者・語学学校教師・海外取引業務・トレーダー及び海外業務、国際金融・広報宣伝等の業務等に関係する文系・理系ビザです。

理系の仕事に就く場合は「技術」ビザになり、

文系の仕事に就く場合は「人文知識・国際業務」ビザになります。

ポイント

技術

人文知識

  • 大学で、従事しようとする業務の必要知識を専攻し卒業していること。もしくは、それと同等の教育を受けていること。又は原則10年の実務経験がないとビザが下りません。
  • 給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けること。

大学等の専攻科目と、従事しようとする業務との一貫性や整合性が重要です。
また、大学・専修学校での成績や出席率も関係があります。

国際業務

  • 翻訳,通訳,語学の指導,広報,宣伝又は海外取引業務,服飾若しくは室内装飾に係るデザイン,商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
  • 従事しようとする業務に関連する業務について三年以上の実務経験を有すること。
    ただし,大学を卒業した者が翻訳,通訳文は語学の指導に係る業務に従事する場合は,この限りではありません(翻訳,通訳,語学の指導に関しては、基準が緩和されています。)
  • 給与は、当該外国人が日本人がその業務に従事する場合に受ける報酬と同等、あるいは同等額以上の報酬を受けること。

技術」「人文知識」「国際業務」ともに共通しているのは、日本人と同等・同等以上の報酬です。
安い賃金で契約した場合は、この基準省令に適合しないことになります。

必要書類の例(在留資格認定証明書交付申請)

「申請人」(外国人の方)

  • 申請理由書
  • 履歴書
  • 大学等の卒業証明書
  • 大学等の成績証明書

会社に関する書類

  • 雇用理由書
  • 雇用契約書
  • 履歴事項全部証明書
  • 直近の決算書
  • 前年分の職員の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表(受付印のあるものの写し)

ここが見られる?

理系の仕事内容が「技術」、文系の仕事内容が「人文知識・国際業務」ビザです。

学んできた内容と業務の関連性が問われます。
専門学校卒の場合、特にその傾向が強いです。

「国際業務」の場合は3年の経験が必要になります。
(大学卒→翻訳・通訳・語学教師の場合、経験は不要)

外国人の方だけでなく、就職先の企業の内容も審査の対象になります。

あくまでホワイトカラーの仕事が当てはまるのであり、現場仕事(単純労働)は当てはまりませんので、注意が必要です。

まずはご相談ください。

就職先や出身国によって、揃えなければならない書類も異なります。

まずはお気軽にご相談ください。

 

行政書士さくま事務所
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
TEL:022-398-4673 
FAX:022-796-3816