2018年3月

配偶者ビザ(結婚ビザ)申請で注意する点

配偶者(結婚)ビザ

法務省のサイトに載っている提出資料は必要最低限のものです。ご自身で申請する場合は、少し目を通してみて下さい。配偶者(結婚)ビザで注意する点をまとめてみました。

在留資格「特定活動」への変更 ~詳細~

留学生

専門学校・大学・大学院等、日本の学校に通っている場合は『留学』ビザです。日本で就職するため、在学中に就職活動をしても、必ずしも就職先が決まるとは限りません。こればかりは、運の要素もあるでしょう。卒業はしたけど、就職はしてない。こういった状況もあり得ます。卒業したのに、ビザが『留学』のままではいけません。

私文書・公文書の認証手続き

公印確認・アポスティーユ

日本の私文書・公文書は、そのまま外国に送っても有効かと言えば、応えは「NO」でしょう。ほとんどの国では、日本での認証手続を必要とします。翻って、外国発行で日本の役所に提出する場合は、翻訳文の添付で良かったりします。外国機関からの求めに応じてなので、どの程度の認証が必要なのかは、ケース・バイ・ケースになります。