『日本人の配偶者等』ビザ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

いわゆる『結婚ビザ』です。

外国人の方と結婚して、その配偶者を日本に呼び寄せる(又は他の在留資格からの変更を含む)場合には、在留資格『日本人の配偶者等』を取得しなければなりません。

ポイント

  • 「配偶者」とは、法的に有効な婚姻関係のある方である必要があります。
    従って、内縁の配偶者は含まれません。
  • 法律上の婚姻関係が成立していても、一緒に暮らしてない・お互い協力しあって生活をしていない…など、婚姻の実体が伴っていない場合には、在留資格該当性が認められない可能性があります。

必要書類の例

「申請人」(外国人の方)

  • 履歴書
  • 外国機関発行の婚姻証明書
  • スナップ写真
  • 通話記録やメール・手紙など

「配偶者」(日本人)

  • 質問書
  • 市県民税の納税証明書・課税証明書
  • 住民票の写し
  • 在職証明書
  • 会社の情報(履歴事項全部証明書等)
  • 給与明細

「身元保証人」(通常は申請人である日本人の夫・妻)

  • 身元保証人
  • 身元保証人の印鑑証明書

ここが見られる?

日本で安定的・継続的に生活を送っていけるのか。

ここも審査の対象になります。

例えば、日本人のご主人が無職だったら、どうやって外国人の奥さんを養っていくのでしょう。

無職と言わなくても、収入が少なかったりすれば、あまり良い印象にはならないのではないでしょうか。

給与明細や課税・納税証明書で、そのことが明らかになるわけです。

結婚生活が始まっても、同居してない・国に帰ったまま音信不通…、これでは次回の更新も許可になるかわかりません。

結婚に真実性があれば、結果は自ずとついてくるのではないかと思います。

まずはご相談ください。

配偶者の方の国によって、揃えなければならない書類も異なります。

ネットや本ではわからないこともあるかと思います。

外国人の方と結婚する場合・外国人の配偶者(夫・妻)を日本に呼び寄せる場合、まずはお気軽にご相談ください。

 

行政書士さくま事務所
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
TEL:022-398-4673 
FAX:022-796-3816