『報道』ビザ

報道

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

『報道』ビザ

【活動範囲】
外国の報道機関との契約に基づいて行う取材その他の報道上の活動。

【具体的には…】

  • 外国の報道機関に雇用されている者で、当該報道機関から報道上の活動を行うために本邦に派遣された者。
  • 特定の報道機関に属さず、フリーランサーとして活動する記者等で、外国の報道機関と締結して当該報道機関のために報道上の活動を行う者。

【在留期間】
「5年、3年、1年、3月」

外国の報道機関ための活動を行う必要があり、活動内容や経歴・地位等が審査されます。

・外国の報道機関とは、民営・公営を問わず、外国に本社を置く新聞社、通信社、放送局、ニュース映画会社等報道を目的とする機関。

・活動の例として、新聞記者、雑誌記者、ルポライター、編集者、報道カメラマン、アナウンサーなど。

・報酬が「報道」ビザをもって活動するのに十分な額であること。安い賃金では、安定的・継続的な宗教的活動を行うことはできません。

ケースによっては、「報道」ビザではなく、「興行」・「人文知識・国際業務」・「短期滞在」ビザ等に該当する可能性もあります。

実質的な職務内容によって判断されますので、お困りの際にはご相談ください。

〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央二丁目2-10
仙都会舘ビル7階
行政書士さくま事務所
TEL:022-398-4673
FAX:022-796-3816

報道



入管専門行政書士
行政書士さくま事務所

外国人ビザ申請のご相談を承っております。
結婚・就職・短期滞在ビザ…
相談は無料です。

 

電話でちょっと聞いてみる
022-398-4673




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

入国管理局への申請を専門に扱っている行政書士。 ポテトサラダが大好きです。 仙台・宮城だけではなく、東北地方全域に対応。 結婚・就職・短期滞在… ご相談はお気軽にどうぞ。